軽自動車の永久抹消登録

ここでは軽自動車を永久に廃車してしまう、永久抹消登録手続きの必要書類、流れなどについてご紹介します。

必要書類には、自動車検査証返納届書をはじめ、自動車検査証(車検証)、認印、軽自動車税納税証明書、軽自動車税の詳細、ナンバープレート、自動車リサイクル券、リサイクル券の詳細、委任状(代理人の場合)、解体証明書があります。永久抹消登録の手続きは、管轄の軽自動車検査協会で行うことになります。

流れ(フロー)は以下のとおりです。

まずは解体業者で車を解体することからスタート。

このとき必ず解体証明書をもらいましょう。

その後、廃車手続きに必要な上記の書類を準備します。

届出用紙を軽自動車協会で入手することになります。

さらにナンバープレートを返却しなくてはなりません。

申請書類一式を窓口に提出してください。

続いて軽自動車税の抹消申告を行うことになります。

自動車税事務所において、軽自動車税申告書で抹消登録の申請を行うのですが、これで軽自動車税納付通知書が送られてこなくなります。

ただし軽の場合は、年税ですので残念ながら抹消時に月割りで戻ることはありません。

最後に自賠責保険の払い戻しが待っています。軽自動車協会での手続きが終れば、保険会社に連絡して払い戻しを始めましょう。自賠責保険の有効期間が残っていれば、その期間に応じて保険料が戻ってくるので忘れないようにしてください。