廃車買取業者について

廃車買取業者にお願いするとなぜ、一般的な中古車買取り専門店では2,3万円ほどの費用を請求されるような事故車でもお金になるのでしょうか。それは一般的な買取り専門店が日本人を対象とした国内での販売が主体なのに比べて、廃車を扱っている業者は国内のみならず、海外もマーケットとしているから。

日本人は豊かなためか、0万キロ以上走行したものや、初年度登録から10年も経過した中古車の販売需要はあまり見込めないというのが現状です。ところが海外では普通に10万キロ走行したものや10年以上の自動車は現役です。どこの国へ行っても我々から見れば古いボロボロの日本車をよく見かけます。

つまり、海外市場をマーケットとしている廃車買取業者が、中古車買い取り専門店で廃車費用を請求されるような事故車でも買取をしているという理由があるのです。通常、買い取られたものは国内販売されるものと、海外での中古車販売を目的として車両本体ごと輸出されるものに分けられ、修理部品用のパーツとしてコンテナに乗って輸出されるものなどがあります。

海外では修理用のパーツでさえ貴重です。そのため、オートマやガソリンエンジンよりも、日本国内ではあまり人気のない、事故車でも修理しやすいディーゼルエンジン、マニュアルミッションのクルマの需要があります。