廃車手続きの流れ

あらかじめ、自動車の廃車手続きに必要な書類・物が揃ったならば、次は実際に陸運局へ向かうことになります。到着したならば、まず陸運局で廃車手続きに必要な書類を集めなくてはなりません。具体的には抹消登録申請書(OCR第3号様式)、手数料納付書です。いずれの書類も、陸運局の用紙販売所にて入手可能なものです。

続いてクルマを解体したときに、解体屋さんから渡された自分のナンバープレートを返却しましょう。返却をすると、手数料納付書にナンバーを返却したという証明の確認印を押してもらえるのです。

必要書類に記入が済んだならば、窓口に必要書類一式を窓口に提出してください。提出後、しばらくすると呼ばれて、「抹消登録証明書」という書面が渡されクルマの廃車手続きは終わりとなります。一時抹消登録の場合、再度自動車を登録する際に、この抹消登録証明書が必要になるので大切に保管しておきましょう。

一連の作業が完了したならば、陸運局の同じ敷地内にある自動車税事務所で自動車税の抹消申告を行ってください。自動車税申告用紙を入手し必要な事項を記入する流れです。この自動車税の抹消申告を行うことによって、翌年度からの廃車したクルマに対する自動車税の納付書が送られない仕組みです。また、車の廃車手続きを行った翌月から、年度末(3月)までの自動車税が月割りで返還されることになります。