自賠責保険の解約金

廃車した時点で、自賠責保険の有効期間が1ヶ月以上残っている場合は、所定の手続きをすることで解約金(返戻金)を受け取ることが可能になっています。自賠責保険を解約して戻ってくるお金のことを返戻金と呼んでいます。ただし、解約日は陸運支局(乗用車)や軽自動車検査協会(軽自動車)で廃車手続きした日ではなく、保険屋さんの窓口で解約をお願いした日です。ちなみにバイクも自賠責保険の中途解約が可能となります。

廃車した時点で1ヶ月以上あっても、窓口で手続きしようとする日が1ヶ月未満になったらもらえなくなるので、早めにするようにしてください。遅くなればなるほど、もらえる額も少なくなるので注意しましょう。

まず、陸運支局(乗用車)、軽自動車検査協会(軽自動車)で抹消手続きを行います。続いて加入している会社の窓口に行って、解約のお願いをしてください。その後、7日〜10日後にお客様銀行口座に返戻金が振り込まれる流れになります。

詳しくは自賠責保険証にその会社のフリーダイヤルが記載されていますので、事前に問い合わせておくようにすることをおすすめします。