自動車税の還付金

自動車税の還付金を受け取る方法についてご紹介します。

自動車税は4月1日に時点で所有者または、使用者に課税されるため4月1日に廃車すると、一旦、来年度分の税金を払うという仕組みになっています。ですから4月1日に廃車手続きを行ったら、やはり、2ヶ月後の5月頃に納付書が送られてきますので、できれば3月中に行うのがベターです。

たとえば3月に廃車すると自動車税の還付はありませんが、4月1日になってしまい、税金を払うよりは良いのではないでしょうか。特に軽自動車は年払いですので、4月1日だと1年分を支払うことになり、還付金ももらえないため損することになりますから注意しましょう。軽乗用車を廃車して軽そのものがないのに7,200円払うというのは、納得出来ませんよね。ですから、軽も3月までに処理することをおすすめします。

もし、仮に普通自動車の廃車手続きが3月に間に合わず、4月になってしまった場合は自動車税1ヶ月分の納付書が7月頃に届きます。5月頃に1年分の自動車税の納付書が送られてきますが、それは無視しても問題ありません。仮に4月1日に2000ccの普通乗用車を廃車した場合は、1ヶ月分の自動車税の金額3,200円が請求されることになります。